RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2008年3月9日 F4西日本シリーズ第1戦 予選 (鈴鹿東コース) | main | 2008年ポッカ1000km 併催 F4西日本シリーズ 第5戦 予選(鈴鹿フルコース) >>
2008年3月9日 F4西日本シリーズ第1戦 決勝 (鈴鹿東コース)
2008年3月9日 鈴鹿東コース

鈴鹿クラブマンレース 第1戦 決勝

【曇り  使用マシン:F4 SK97】


12時57分。決勝レーススタート。



レッドシグナル点灯と同時に一斉に排気音が高まる。
初めてのF4でのスタートということもあり、集中力とともに緊張感も高まっていく。

そして、レッドシグナル消灯と同時にスタートを切った。
クラッチとアクセルのタイミングを合わせきることが出来ず、若干出遅れてしまった。
その結果1コーナーまでの間に後方からスタートした1台のマシンに抜かれてしまう。
それでも、前でスタートした1台とトラブルで出遅れた2台を抜いて、11番手へポジションを上げた。

第2コーナーで土煙が上がる!
戻ってきたマシンで路面が汚れてないかを気にしながら全開で抜けていく。
S字コーナー進入直前、2台前にいたマシンが少しコースをオーバーランして、
そこからレコードラインへ向かって戻ってくる!!
が、S字コーナーへの進入の直前に、そのマシンが
コーナーへの飛び込みでミスをしているのが見えていたので、
警戒して車速を若干落としていたため、何とかこれをかわして10番手へ。

少し前のマシンとの距離が空いてしまったが、
1周目のペースが良かったため最終コーナー前に追いついた。
そのまま最終コーナーを立ち上がって直に抜こうと思うが、
前のマシンのストレートが、思ったよりも速いために抜くことができない。
更に次の周も最終コーナーから1コーナーへかけて勝負しに行くが、
並びかけることも出来ない。
3周目辺りからはようやく前のマシンのペースも51秒台前半と上がってきたため、
そんなに悪くないペースと考え、しばらくはそのまま後ろを走行していく。

ところが9周目。逆バンクからダンロップコーナーへかけて、
後ろから来たマシンに一瞬の隙を付かれて並ばれ、そのまま抜かれて11番手にポジションを落としてしまう。
さらに抜かれた直後にペースを落としてしまい、前のマシンとの距離が開いてしまった。
これ以上引き離されないようにペースを戻していくが、ペースが上がりきらず、
距離を縮めていくことができない。
11周目に1台のマシンのリタイヤに助けられて、自動的に10番手へポジションアップ。
12周目には再びダンロップで今度はチームメイトに抜かれてしまった。
しかし、最終コーナーの立ち上りでチームメイトのミスがあり、ストレートですぐに抜き返した。

ここからは、後ろのチームメイトのマシンを気にすることなく、
集中してペースを上げて前のマシンを追い上げていく。
前のマシンのペースが52秒台へと落ちてきたため、あっさりと、その周のうちに追いついた。
前を行くマシンはタイヤのグリップが落ちてきたためか、最終コーナーを攻めきれていなかった。
このため、最終コーナーの立ち上がりから徐々に相手との距離をつめていき、
ストレートエンドで並びかけて、1コーナー進入で勝負。
しかし、抜くまでにはいたらず2コーナーで再び前に出られてしまう。
その次の周、最終コーナー手前から相手のマシンとの距離を合わせ、
最終コーナーではアウト側ぎりぎり、コースアウトするか!!?
と、一瞬ひやりとするところまで攻めきり、出来る限りストレートスピードを稼いでいく。
これで前の周よりもさらに差がつまり、1コーナー進入でイン側へ並んだ!
イン側でグッとこらえてから、2コーナーへ向けて一旦全開で加速していく!
ここで相手を抜き差って、9番手へポジションを上げた。
さらに、その2周後の18周目には8番手走行中のマシンに、再び1コーナーで並びかける!
ここで相手が焦ったためか1コーナーから2コーナーへかけてミスをして、
2コーナーまでに抜き去り8番手へ。
この1周に集中してプッシュして、再び51秒台のタイムを叩き出し一気に後ろのマシンを引き離した。
ラスト2周。後ろとの距離が十分に合ったため、無理をせず無難に走りきり8番手でチェッカー。


寒い中、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
まずは、ここをスタートとして、これから更に上を目指して
努力していきたいと思います。
次のレースでは、もっともっと良いポジションで、
白熱したレースが出来るように頑張ります。

これからもよろしくお願いします。
| F4 レース | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/791527