RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2007 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 決勝 | main | 2008年3月9日 F4西日本シリーズ第1戦 決勝 (鈴鹿東コース) >>
2008年3月9日 F4西日本シリーズ第1戦 予選 (鈴鹿東コース)
2008年3月9日 鈴鹿東コース

鈴鹿クラブマンレース 第1戦 予選

【曇り  使用マシン:F4 SK97】


今回のレースで用意したNEWタイヤは、ドライタイヤ2セット、
レインタイヤ1セットの合計3セット。

しかし、金曜日の前半のセッションで、まだ十分にラインや走りの決まらないうちに、タイヤを壊してしまった。
このため、前日のフリー走行ではまともに走行することが出来ず、車のバランスを確認しながらの予選となった。


8時50分、予選開始。

タイミングを見計い、監督の合図に従ってコースイン。
序盤は、タイヤがより良い状態でアタックに望めるよう、丁寧にタイヤを温めながらの走行。
3周目の段階では、まだ若干のグリップ不足を感じていたがかなりグリップが上がってきているところだったので4周目からアタックしていく。
4周目の段階ではマシンのバランスとタイヤのグリップの限界を確認していき、5周目にアタック。
1コーナーの飛び込みから、今まで自分が経験したことの無いスピードで飛び込んでいく!
今まで感じたことの無いグリップ力で、そのままスピードを乗せて2コーナーへ。
2コーナークリップから直にアクセル全開で立ち上がっていき、
スピードを乗せてアクセル全開のままS字コーナーへ飛び込んでいく!
更にS字2つ目に合わせてマシンをコントロールし、コーナーを抜けると再びアクセル全開で
逆バンクコーナーまで駆け上がっていく!
逆バンクコーナーで一瞬リアを滑らせてしまうが、直に修正してコーナーへ立ち上がって
ショートカットコーナーへ合わせていく。ショートカット進入から最終コーナーの立ち上りまで、
良い姿勢で抜けることが出来たが、若干車速が足りなかったため、アウトが余った。
タイムは50.5秒のレースウィークに入っていらいの自己ベストを更新する。
しかし目標タイムは49秒台。
このまま続けてアタックすれば、十分に狙えると思ってペースを上げていくが、
2コーナー立ち上りでゆっくり走っているマシンに詰まってしまう。
このため、一旦ペースを落として次の周に改めてアタックしていく。
しかし、再び大渋滞に詰まってしまいアタックできない。

タイムが出せないまま、ここで一旦ピットイン。

タイミングを見て、再びコースインしてペースを上げていく。
しかし一旦冷えたタイヤを温めるのに2周を使ってしまい、
3周目に渾身のアタックをするも50.422秒。
タイムを更新することは出来たものの十分ではなかった。
しかし、ここまでの走行でタイヤのグリップも落ちてきてしまい、
タイムを更新することは難しい状況。

ラストの一周で、チームメイトの背後に付き、そこからラストアタックへ入っていく。
コントロールラインを過ぎたときにあったチームメイトとの差が、
少しでも縮めることができればタイムを更新できると信じてのラストアタック。
1コーナーから2コーナーへかけては同じ距離を保ったまま。
S1つ目から2つ目を抜けて若干チームメイトのミスがあり距離が縮まってくる。
しかし、ダンロップカーブの進入で自分のミス!オーバースピードで進入してしまい、
うまく曲がることが出来ずに、ショートカットコーナーへの進入で姿勢を乱してしまった。
これで若干チームメイトとの距離が再びひらき、
再びコントロールラインを通過するときには前の周と同じくらいの距離だった。
この周のタイムが、50.7秒。
結局、タイムを更新することの出来ないまま予選終了。

予選結果は13位。
12位の選手とのタイム差はコンマ015秒。
結局、アタックを行いたい時にアタックできなかったことだけが
悔やまれる予選となった。
| F4 レース | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/791523