RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2007 富士チャンピオンレース 第4戦 決勝 | main | 2007 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 決勝 >>
2007 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 予選
【曇り  使用マシン:FJ1600】

今回の予選では、一番に出て行って先にタイムを出す作戦。
前のクラスの予選が終了すると同時に、直にレーンに並ぶが、
5番目に並ぶ。



ゲートオープンと同時に一気にペースを上げて、
3周の間に2台をパスするが、その先のマシンを抜くのには、
少し時間がかかりそうだったので、
4週目に前との間隔を空け、5〜6周目でアタック。
56秒7、

・・・
もっとタイムが出るはず!
と、ここから1〜2コーナーの進入スピードを上げていき、
更にS字区間でも、コース幅をめいいっぱい使いながら、
とにかくアクセルを踏んでスピードを稼ぐ!
最終コーナーでも、アウトいっぱいまで使ってアクセルを踏みっきりで
立ち上がっていく。
56秒38!ベストタイムを更新!
しかし、まだまだ。
ポールポジションをとるためには、55秒台に入れておきたいところ。
さらに続けてアタックしていくが、
タイムが伸びていかない。
その為、後ろから来るマシンを待ち、
一旦先に行かせて後ろからスリップを使ってアタックしていく
・・・・
が、思うようにうまくスリップも使えず、タイムがでない。

残り時間も少なくなり、あと3〜4周のアタックしかできない。
焦る気持ちもあり、後ろから一台のマシンが来ていたが、
そのままアタック。



しかし、それが裏目に出て、
うまい具合にストレートでスリップを使われて、
0.4秒くらいのタイムを稼がれてしまった。

この結果、なんと1000分の7秒差で、
自分よりタイムを更新されてしまい、ポジションを一つ下げる結果に。


ラスト3周では、最終コーナーでスピンしたマシンの為に、
黄旗のためにタイムを更新することができず、
さらに最後の周に黄旗が解除されることを祈ってアタックしていくが、
その前の周の最終コーナーでスピンした車両の為に、
レコードラインが塞がれてしまい、そこで終了。


結果は、7番手タイム。
トップから0.37秒落ちのタイム。
スリップをうまく使うことさえ出来ていれば、
自分にも十分に出すことができたタイムだっただけに、
非常にもったいない予選になってしまった。

決勝は、黄旗区間中にスピンしたマシンが失格となり、
3列目の6番グリッドからのスタートとなった。
| 鈴鹿クラブマンレース | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/656849