RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2007 富士チャンピオンレース 第4戦 予選 | main | 2007 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 予選 >>
2007 富士チャンピオンレース 第4戦 決勝
【晴れ  使用マシン:FJ1600】


7番手からの追い上げ・・・
とにかく、スタート、一周目でどのポジションにつけられるかで、
その後の展開が大きく変わってくる。
ダミーグリッドで、決勝の戦略の最終確認をし、
徐々に緊張が高まっていく。



富士では、フォーメーションラップでの、
最終コーナーを立ち上がってストレートへ入ってからは、
ウェービング(タイヤを温める行為)は禁止されている。
フォーメーションラップで最終コーナーを立ち上がってから、
スターティンググリッドまで、ゆっくりと走ってくるが、
スターティンググリッドまでも、とてもとても長く感じられる。




スタート、直前、ギアを1速へ入れる。
そのまま、後方でグリーンフラグが振られるのを待つ
・・・
そして、フラッグが振られた。
クラッチをあわせながら、エンジンの回転数を一気に上げていく!
そしてスタートに向けて、レッドランプが次々に点灯していく。
5個目のランプが点灯と同時に、レッドランプが消える瞬間へ集中し、
ここからは瞬き一つ許されない。

レッドランプが・・・消えた!?
頭で、レッドランプが消えたことを認識するより先に、
ブレーキを離し、アクセルを全開にしながらクラッチをつないでいく!
まずまずのスタート!
前のポジションからスタートしたマシンの直後ろへピッタリとつき、
スリップを使って1コーナーまでに並びかける。
1コーナーへはアウト側から並んで進入し、
並んだまま2コーナーを立ち上がっていく!
さらにそのまま、平走したままコカコーラコーナーへの進入。
今度は、自分の方がコーナーのイン側となり、
うまくかわして5番手へ浮上!
平走するマシンもいなくなり、一気に車速を上げて、
ヘアピンの立ち上りで、更に前のマシンのスリップへついて行く!
そのまま一気に、ダンロップコーナーの進入で並びかけるが、
一瞬タイヤをロックさせてしまう!
が、うまくイン側へ入り込めていたので、
そのままアウトのマシンを抑えて立ち上がるため、
2速へシフトダウン。

が、2速に入らない!
テストで一度も2速へのシフトダウンを練習していなかったために、
シフトをミスしてしまい、2速へ入れることが出来ず、
そのまま3速へ戻して加速しようとするが、
一気に失速してしまう。
ここで、後ろから来たマシンも並びかけるような形になってくるが、
次のコーナーが左コーナーで、自分がレコードラインにいたため、
立ち上りではならばれない。
そう思って左へステアリングを切り込んで行った瞬間!!?
無理やりイン側へフロントタイヤを入れてきたマシンと
リアタイヤが接触してしまい、完全に飛ばされてしまった!
飛ばされた勢いで、アウト側にいたマシンにも接触してスピンして、エンストしてしまった。
これで一気に最後尾にポジションを落としてしまった。

何とか、マシンが正常に走らせられる常態であるかを確認しながら、
再スタートする。
最後尾を走っていたマシンは、すぐに追いつき、そのままパス。
さらに前のマシンを追いかけていく。



そのまま走り、2周の内に前のマシンへ追いつき、
追いついて直にダンロップへのブレーキングで抜いていく!
今度は、きっちり2速までシフトダウンして、一気に加速して突き放す。
もはや、順位は関係ないとなり、1コーナーへの進入、
ダンロップへの進入では、常にタイヤを半分ロックさせながらマシンを抜いていく。
この辺りのポジションの人は、ブレーキングポイントも手前の方なので、
1コーナーでは、まったく並びかけてさえいなくても、
ブレーキングで並びかけ、そのままの勢いで抜いていってしまう。
その繰り返しで、ラスト2周までに、23位から13位へポジションを上げていった。
しかし、更にその前のマシンが、数台連なっていたこともあり、
最終コーナーの立ち上りでうまく合わせていこうと思いながら、
ネッツコーナーを曲がろうとしたところ、
その一瞬のすきをつかれて、抜かれてしまった。
その結果、最終ラップで、1コーナーへ向かって、
なんと5台ものマシンが団子状態のまま進入して行く!
しかし、うまくスペースを見つけられずに、
十分にブレーキをつめていくことも出来ず、
1台も抜くことが出来なかった。

残るは、ヘアピンを立ち上がった後の、
ダンロップコーナーへの進入のみでの勝負!
めいいっぱいブレーキを遅らせて、
一気にブレーキングで前のマシンへ並びかけようとするが、
ポジション取りが悪く、前のマシンへ追突しそうになり、
それを避ける形でタイヤをロックさせながら、コースオフ。

大きくコースの外を走りコースへ戻り、
そのまま14位でフィニッシュ。


1周目にあと一つで表彰台というところまでいきながら、
シフトミスの為に接触されるという事態になり、
残念な結果となってしまいました。
しかし、決勝中のベストラップでは、1分55秒368
と、4番手のタイムまで出せたこと、
そして、後ろの方のマシンとはいえ、
何度もオーバーテイクできたことは、
初めて走るサーキットとしては、
非常に良い結果だったと思います。

次のレースこそ、しっかりとミスをなくして、
確実に他のマシンより前でフィニッシュすることが出来るように
頑張りたいと思います。

応援に来てくださった皆さん、Fの方々、
本当にありがとうございました!!
| FJ1600 レース | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/652584