RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2007鈴鹿クラブマンレース 第3戦 予選 | main | 2007 富士チャンピオンレース 第4戦 予選 >>
2007 鈴鹿クラブマンレース 第3戦 決勝
【曇り  使用マシン:FJ1600】

初めてのP.P(ポールポジション)からのスタート。
一番前のスターティンググリッドは、
なんともいえない気持ちでした。



フォーメーションラップ。
初めて先頭での走行。
これから始まるレースに備えて、
タイヤを温めながら走っていく。

しかし、後ろのマシンがまったく着いてこなかった。
あまりにも遅かったので、止まる寸前のスロー走行で
フォーメーションを走ることに。
そのまま後続が追いついてきた後も同じペースを保ち、
加速してもすぐにブレーキングすることで、
後続のマシンにはタイヤを温めさせずに、
自分だけ温めていく。


そして、スターティンググリッドに着いた。
後方でグリーンフラッグが振られる。

ギアを1速に入れ、アクセルをあおりはじめる。
5秒前のボードが出され、緊張が走る・・
一斉に全てのマシンのエンジン音が高くなる。

レッドランプ点灯
・・・スタート!!

ほぼジャストのタイミングでスタートを切った!
2番手の選手を横目に見ながら、
自分の方が前に出られることを確認して、
マシンをアウト側へ寄せて、1コーナーへ全開で飛び込んでいく!



1位を守ったまま、スタートを切ることができた。
そのまま、一気に後続を振り切るべく、
限界ぎりぎりまで攻めていく!

デグナーカーブ飛込みで、
マシン3台分くらいは離れていた。
そしてデグナーカーブ2つ目へ
!!?
痛恨のシフトミス!
4速から3速へのシフトミスで、
リアタイヤをロックさせてしまった!
そのままドリフト状態でコーナーを立ち上がっていき、
一気に追いつかれてしまった。

ここから先メインストレートまでは、
全てのコーナーの立ち上がりで、
スリップ(マシンの後ろの空気抵抗が少ない部分)が効き、
ストレートで追いつかれてしまう。
このせいで、メインストレートまでついて来られてしまった。

2周目の1コーナー。
メインストレートでスリップにつかれてしまったために、
一気に3台が横並びになってしまった!
イン側のマシンを牽制しつつ、
コーナー直前でアウト側へ寄って1コーナーへ飛び込んでいく!

1コーナーへ3台並んで進入することは危険だったので、
イン側のマシンにかぶせながら、アウト側のマシンの後ろにつき、
アウト側のマシンは立ち上がりで前に出られるようにラインをとっていく。
が、その直後、イン側のマシンが3台が横並びだったことに
あせってスピン!!



アウト側のマシンは、1コーナーで飛び込みすぎて、
2コーナーを大回りし、更にあせってシフトミス。
そのまま、2コーナーでインをさし、再び1位をキープ。

ここで、再び2位以下を引き離そうと思って、
アタックしていくが、思うようにペースを上げて行くことができない。
2周目の間に後ろのマシンに追いつかれてしまい、
3周目の1コーナーで並ばれた!
何とかアウト側からかぶせて走っていったが、
2コーナー立ち上がりでスペースがなくなってしまい、
一瞬のコースオフ!
何とかスピンせずに、2位で体勢を立て直していく。

その周、バックストレートへの立ち上がりで、
1位のマシンが少しミスをした。
そのおかげで、一気にストレートで抜き差って、
再び1位へ!
しかし、その次の周のバックストレートで、
今度は自分が並ばれてしまう。
きっちりインを抑えられてしまったので、
130Rで前を譲った。

すぐに、シケインへのブレーキングで、
再び抜きかかろうとして、
痛恨のブレーキングミス!
一瞬ステアリングを切り込んだ直後、
曲がりきれないと分かった。

直に頭を切り替えて、
そのまままっすぐ走って、2輪用のシケインを走行して、
コースに復帰する。
が、コースに復帰する際に、
誤って4速に入れてしまい、一気に先頭集団から遅れてしまった。
ここで、4台に抜かれて6位へ。


ポールスタートだったのに・・・また、表彰台を逃すのか!?
一瞬そんなことが頭の中をよぎった。
既に1位から6位まで転落してしまっていた。
もう失うものは何もない。
そう思い、そこからは全神経を走ることだけに集中して、
前のマシンを追いかけた。
次の周、メインストレートへ戻って、計測タイムをチェックすると、
2分20秒6・・・ほぼ、予選並みのタイム!!
先頭集団は団子状態で、ここまでのタイムは出ていない。
現段階でのファステストラップ(レース走行中の全マシン中で一番速いタイム)
であることを確信する。
そのまま、次の周もタイムを更新して、
前のマシンへ確実に追いついていく!

6週目には、前の一台が130Rコーナーでスピン!
直後ろにいたが、よく見てかわしていく。
7周目には、2台が接触。一台がスピン!
もう一台が、立ち上がりでもたついたことろを抜いて、
3位!!ようやく、表彰台へ戻ってきた!

既に表彰台。残りは3周しかない。
このまま3位をキープすることが一番大切だ。
ここで無理してリタイヤすることは避けようと、
すごく冷静に考えることが出来ていた。
冷静になり、落ち着いて走行したことで、
逆に細かいミスもなくなり、ペースアップして
更にファステストを更新!2分20秒3!
2位のマシンに一気に追いついた!


9周目最後のシケインで、インを狙っていくが、
あと一歩届かない。
しかも、そのまま止まりきれなくて、軽く接触してしまう!
が、幸いマシンへのダメージはなかった。
このせいで少し最終コーナーの立ち上がりで出遅れてしまったが、
1〜2コーナーで直に追いついた。
S字区間では抜くことは難しいので、
後ろについて走っていく。

ダンロップ、デグナーカーブを抜けて、
デグナーカーブ2つ目の立ち上がりを、
出来る限り速く立ち上がり、
次のヘアピンカーブへのブレーキングで横に並んだ!
イン側でコンパクトに曲がり、しっかり立ち上がっていく。
ほんの少しでも相手がミスをすれば、
完全に前に出ることができたはずだったが、
ミスなく、立ち上りまで横に並ばれ、
前に出られてしまった。

うまくスリップについて、
スプーンカーブの進入からかなり接近。
そして、スプーンカーブ2つ目の立ち上りで、
前をゆくマシンがミス!
クリップにつけなかったのだ。
このミスのおかげで、バックストレートで一気に抜き去った。
次の130Rは集中して、ほとんどベストのコーナリング!
ここで少し後ろのマシンと距離ができた。
あとはそのまま、シケイン、最終コーナーまで順位を守りきり、
2位でチェッカー!




応援してくださった皆さん、
Fレーシングの皆さん、
ご声援ありがとうございました。
これからも、一つ一つ課題をクリアし、
もっともっと、レースでいい結果を見せていけるように
努力していきます。
これからも応援よろしくお願いします!!
| 鈴鹿クラブマンレース | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
>Mitsuoさん
ありがとうございます。

7月のレースは中止になってしまいましたが、
金曜日には一ヶ月ぶりの走行に、
確かな成長の手ごたえを感じていました。
また次の時には、その手ごたえを確かなものにして、
もっともっと、いい走りをお見せすることが出来るように、
頑張っていきます。

| 小島 靖弘 | 2007/07/31 12:26 AM |

改めて今シーズン初表彰台おめでとうございます。
レース毎に確実に速くなっていて、第3戦にして優勝争いができるとは思ってもみませんでした。この流れを大事にして次戦も期待しております。
| Mitsuo | 2007/06/30 10:52 PM |










http://blog.racer-kojima.net/trackback/563075