RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 鈴鹿クラブマンレース 最終戦 決勝 | main | 2006 FJ-1600日本一決定戦 決勝 第1レグ >>
2006 FJ-1600日本一決定戦 予選
2006年12月17日 茂木フルコース

【曇り  使用マシン:FJ1600】

前々日からのテスト走行では、
ラップ序盤からタイヤを温めてペースを上げて行くことが
うまく出来ずに、後半にならないとタイムを出すことが出来ずに
苦戦していた。

レース当日の朝。
朝から、雨がぱらついていて、予選は雨になるだろうか・・・
とも思われたが、何とか天候も持ち直し、
少し湿った感じもするが、
ドライコンディションでのレースとなった。

予選では、コースインの順番が決まっていたため、
順番を抜かされないように、速やかに列についた。
コースインゲートのシグナルが、
赤から青に変わり、いざコースイン。
ところが、ここで、ギアがうまく入らず、
スタートが遅れてしまった。
コースインしてすぐに、前のマシンを抜いていくつもりだったのだが、
結局半周もしないうちに前のマシンに追いつくことは出来たのだが、
そのままうまく抜くことが出来ずに、5週ほどの間引っかかってしまった。
そこから、なんとか1コーナーのブレーキング勝負で抜き去った。
しかし、引っかかっていたストレスから開放されて、
一気にペースを上げようとしすぎたために、
いきなり、3コーナーのブレーキングでオーバーランしてしまい、
再び抜き返されてしまった。

少し距離が開いたので、このまま距離を保ちつつ
アタックしていこうと思ったのだが、
1周の間に追いついてしまい、ペースをあげられない上に、
タイヤを温めることもできない。
しかたないので、ペースダウンして前との距離を一気に空けて、
アタックすることに。
しかし、ゆっくり走る時間が長すぎたために、
再びタイヤが冷えてしまっていて、
すぐにペースを上げていくことができない。
後ろからきたペースの速いマシンに前を譲り、
その後ろについて、
「さぁ、この一周が勝負!」
と思ったのだが、その周でチェッカーとなり、
結局1周もまともに走ることが出来なかった。

結果的には、自分が引っかかっていたマシンよりも
順位が後ろになるという形となってしまった。
| FJ1600 レース | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/473792