RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 決勝 | main | 鈴鹿クラブマンレース 最終戦 決勝 >>
鈴鹿クラブマンレース 最終戦 予選
2006年12月09日 鈴鹿フルコース

【雨  使用マシン:FJ1600】

今回は、3週間前のテスト走行の時をピークに、
思うようにタイムを上げることができていなかった。
下手に、色んなことをやっていくうちに、
悪い方向にはまってしまったようだった。
金曜日のフリー走行でも、
タイムは、2分21秒台。
2分20秒をきっておきたかっただけに、
不安の残るタイムとなってしまっていた。

予選当日。
前日から微妙な天気が続いていたが、
ついに、予選は雨となってしまった。
前のクラスの予選のチェッカーと同時に、
コースインゲートに並んでいく。
出だしも決まり、1番にコースインできる状態となった。
予選開始と共に、全開でコースに飛び出していく。
しかし、雨の走行ラインが分からず、
うまく走ることができない。
ヘアピンカーブの立ち上がりで、
後ろから来るマシンを先に行かせ、
自分のペースでラインを探していく。

計測3周目、徐々に温まってきたタイヤと確認してきたラインで、
ペースを上げて行こう・・・と思ったその時、
第1コーナーへの進入スピードが速過ぎた!!
第1コーナーを曲がりきることが出来ずに、スピン!
そのまま、グラベルにはまってしまった。
痛恨のミスだった。
その後、オフィシャルに引っ張り出してもらったものの、
残り時間は、7〜8分程度。
出来て、2周のアタックだろうか。
コースに戻ってすぐ、速いペースのマシンが来たので、
出来る限りついていく。
冷え切った状態のタイヤの割にはついていける。
そう思って走行していたが、
再びデグナーカーブにオーバースピードで飛び込んでしまった。
マシンをスピンさせても、コースにとどまることができないと
分かったので、グラベルまで使用してマシンをコントロールしようとするが、
グラベルでスピンしてしまった。
そこからは、再びコースに戻ることが出来ず、
予選終了となってしまった。
たった、2周のみのタイム計測で、
結果は、26位となってしまった。
タイヤが温まっていない状態で、
無理をする必要のないときに無理をしてしまった結果だった・・・。
| 鈴鹿クラブマンレース | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/449981