RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 鈴鹿クラブマンレース 第4戦 決勝 | main | 鈴鹿クラブマンレース 第5戦 決勝 >>
鈴鹿クラブマンレース 第5戦 予選
【曇り  使用マシン:FJ1600】

今回、今まで1年半に渡って使い続けていたエンジンを
ついにオーバーホールして、万全の体制で望むレースとなった。
金曜日のフリー走行では、1本目から、
1分27秒フラットで、ベストタイムを更新していた。
ところが、その後は、思うようにタイムを上げて行くことが
できずにいた。しかし、土曜日のラストのフリー走行では、
マシンのセッティングにも、確かな手ごたえがあった。
タイム的には、1分28秒3で、ベストラップよりも
1秒以上も遅いタイムではあったが、
ベストラップを記録したときよりも、
エンジンの回転が、ストレートエンドで500回転も
下回っていたので、エンジンが回れば、
同じか、それ以上のタイムを出すことはできると確信していた。

予選前、いの一番にマシンを並べ、
予選は一番にコースインすることができるようになった。
予選は、15分間の走行の間に出した、
1ラップのタイムで競う。
一番にコースインすることで、前に自分より遅いマシンがいて、
思うようにタイムを出せないということが少なくなるのだ。

午前10時半。
予選スタート。
コースインのとき、レースのスタートと同じように、
一気にフル加速していく。
ここで、後続車との間隔が開いたので、
無理せずに自分のペースでタイヤを温めていく。
1週目の最終コーナーで、タイヤのグリップを確かめていく。
が、まだ、ニュータイヤの最大のグリップ力は得られていなかったので、
2周目はまだアタックするのを止めた。
そして、3周目、十分にグリップが上がってきたのを確認して、
アタックしていく。
3周目、4週目と続けてアタックしていくが、
ニュータイヤのグリップを思うように生かすことができず、
1分29秒フラットまでしか、タイムが出せなかった。
一旦後続車に前を譲って、後ろから速いマシンが来るのを待つ。
そして、最終コーナー手前でその速いマシンの後ろに付き、
6週目から再びアタックしていく!
1分28秒2、1分27秒9とタイムを縮めていくが、
まだ、これでは中盤以降のタイムしか出せていない。
そのまま走っていくと、前のマシンに詰まっていきそうだったことと、
水温が高くなりすぎていたので、一旦前についていくのを止めた。
案の定、前のマシンがその前のマシンに詰まって、
一旦減速した。
そこでそのマシンの後ろにピッタリ付き、
そこからは、死ぬ気でアタックしていく!
とにかく、前のマシンから、1センチも離されないように、
必死にくらいついていく!
そして、9週目。
1分26秒7!!を記録!!
結果、予選は7番手。
決勝は、4列目からのスタートとなった。
トップが、すぐそこに見える位置からのスタートで、
十分に上位を狙える位置。

ここからの、決勝レースに期待が高まっていく・・・。
| 鈴鹿クラブマンレース | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/383885