RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< SUPER耐久 併催レース 決勝 | main | 鈴鹿クラブマンレース第3戦 予選 >>
鈴鹿クラブマンレース第3戦 決勝
2006年6月4日 鈴鹿フルコース

鈴鹿クラブマンレース 第3戦 決勝
【1ラップ勝負】

【晴れ  使用マシン:FJ1600】

15番グリッドからのスタートですが、
今まででは一番良いグリッドからのスタートです。
レース前には、レースでのライン取りや、
レース運びについて、みっちり監督とミーティングを
行いました。
アドバイスを生かして、一つでも順位を上げて、
ポイント圏内で帰ってくることを目標に
レース開始です。


フォーメーションラップでは、
息が切れてしまうくらいに、
マシンを左右に振って、タイヤを温めて行きます。
とにかくここでの温めが、レース開始して最初の1周に大きく
関わってくることになるので、温めすぎではないかというくらいに
温めました。
そして、スターティンググリッドに着き、
レッドシグナルが点灯・・・消灯!と同時にレーススタート!
クラッチをつなぐのが早過ぎたために、
一瞬スタートでもたついてしまい、その順位のまま
1コーナーへ!
一気にたくさんのマシンが1コーナーへ飛び込んでいったので、
イン側が詰まった感じになっていましたが、
続く2コーナーも、右カーブなのでインをキープしていきます。
前のマシンが、車半分でもクリップをはずせば、
(クリップ:クリッピングポイント。
カーブで、もっともイン側に近づくポイント。)
その内側から抜いていくつもりでしたが、
まったくスペースが空かなかったので飛び込めませんでした。
そのままS字コーナーへ。
2コーナーを立ち上がって、若干前の車の立ち上がりが遅かったため、
次のS字コーナーへは、後ろのマシンと並んで入っていく形となりました。
しかし、ここは、うまく相手のマシンへかぶせていく形で、
相手の走行ラインを潰し、S字の切り返しで前へ出て行きました。
そこから、前のマシンがどうにも遅く、どんどん抜きにかかっていくのですが、
なかなか前にでられず、今度は、自分が後ろのマシンに抜かれそうになったり、
とかなり厳しい展開です。
結局前のマシンを抜けないまま、ヘヤピンカーブへ。
ここで、前のマシンのイン側へ、並んで進入!
完全に前に出ることができたのですが、
ヘヤピンの立ち上がりでもたついている他のマシンが邪魔になって、
うまくアクセルを開けることができずに、すぐに抜き返されてしまいました。
その後もピッタリと後ろのつけていって、
スプーンカーブを立ち上がって、バックストレートで抜いて行く!
と思ったのですが、スプーンカーブの立ち上がりで痛恨のシフトミス!
結局、前のマシンについていくことはできたのですが、
並びかけることもできず、そのまま130Rへ。
130Rを抜けて、シケインの手前で、
「何が何でもここで前に出る!」と思い、
とにかく相手よりもイン側のラインをキープして、
ブレーキング勝負!曲がりきれなければ、
相手の前で止まってしまえば良いという勢いで突っ込みます!
幸い、ここまで走りの遅かった相手は、ここの突っ込みも
大した事はなく、あっさり前に出ることができました。
しかし、無理に進入したために、
今度は自分の後ろから来ていたマシンが、
メインストレートで自分のスリップに入って来ました!
(スリップ:スリップストリーム。前のマシンのすぐ後ろ辺りのことで、
空気抵抗が少なく加速が良くなる場所)
相手が抜きにかかってくる、大体の位置を予測して、
その辺りから、徐々にコースの左端から右側へ寄っていきます。
そうすると、右側から抜こうと思っていた相手は、
左から抜きにかかります。
ここでは、相手の邪魔にならない程度に、
左側へ徐々に寄っていきます。
こうすることで、相手に並ばれはしましたが、
1コーナーに向かってイン側をキープすることができ、
1コーナーで完全に自分が前に立つことができました。
しかし!
ここで、1コーナーへの進入スピードがいつもと同じくらいの
スピードで進入してしまったのですが、
ラインがいつもよりもインよりであったために苦しいラインとなり、
1コーナーを曲がりきれず、そのままコースアウトしてしまいました。

そのまま、動けなくなり、マシンを引っ張り出してもらって、
再びコースに出たときは、既に1周遅れという状態でした。
その後は、2分22〜23秒台で安定したラップを重ねて、
レース終了。完全な単独走行でした。


しかし、今回の1周のレースの間に学んだものは多く、
今後の自分にとって、大きな力となるものでした。

応援してくださった皆さん、
Fレーシングの皆さん、
期待に応えることができなくて残念でしたが、
今回の経験を生かし、どんどん上を目指して頑張ります。
ありがとうございました。
| 鈴鹿クラブマンレース | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/304013