RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 鈴鹿クラブマンレース第3戦 決勝 | main | 鈴鹿クラブマンレース第3戦 前テスト >>
鈴鹿クラブマンレース第3戦 予選
2006年6月3日 鈴鹿フルコース

鈴鹿クラブマンレース 第3戦 予選

【晴れ  使用マシン:FJ1600】

レースは、NEWタイヤでの勝負になります。
予選にあたって、監督から、
「とにかく昨日の感じで行けばいいから。
NEWタイヤだから、多少の無理はカバーしてくれる。
とにかく、速いやつが来たら絶対についていけ!」
とアドバイスを受けて、予選に臨みます。

NEWタイヤは、表面がつるつるで皮むきが必要です。
そのため、最初の1周は、気をつけなければ、
簡単にスピンしてしまうほど滑りやすいのです。
また、NEWタイヤが一番グリップするのは、
走り始めてから、2〜3周目です。
そこを狙ってタイムアタックをしていきます。

予選前、前の組の走行の終わりが近づくにつれて、
ピットが慌しくなってきました。
作戦にもよるのですが、
予選では、少しでも他の人より前でコースインできた方が、
長く周回数を取れることもあるので、有利なのです。
かといって、時間前に出てしまうと、ペナルティの対象に
なってしまうので、時間がくるといっせいにピットロードへ
出て行きます。
5、4、3、・・・GO!時間とともに、
ピットロードへ、マシンを急発進させますが、
その一瞬、ホイルスピンしてしまって出遅れてしまいました!
結局左隣の人よりも後ろになっていしまいましたが、
ピットロード出口に近かったこともあって、
2番目の位置を確保することができました。

それから、数分後。
予選開始です!
最初の1周は、前のマシンについていきます。
S字コーナーを抜けて、ダンロップカーブまで走っていくと、
徐々に皮むきが終わり、タイヤが温まり始めてきました。
さらに、デグナーカーブ、ヘヤピンコーナーを抜けて、
かなりグリップが高くなってきたので、このまま2周目で
アタックするかどうか悩みました。
スプーンコーナーを抜けて決めようと思って、
スプーンコーナーを抜けていきますが、
コーナー全般で、まだグリップ不足を感じたので、
2周目はアタックせずに、3周目でアタックすることにしました。
2周目もスプーンカーブまで来て、完全にタイヤが温まり、
良い状態にあることが分かりました。
そのため、バックストレートで、後ろのマシンを先に行かせて、
十分な距離を取って、クリアラップを取れるようにします。
3周目に向けて、シケインまでをそのままゆっくり走り、
シケインから最終コーナーに向けて一気に加速していきます!
1コーナー〜2コーナーまで、この2日間を通してベストの
走りで抜けていきます!
S字、ダンロップ、デグナー、ヘヤピンとノーミス抜けていって、
スプーンへ。ここも、NEWタイヤの力を発揮させ、
丁度よいスライド量でアクセルを全開へしていくことができ、
いつもよりも安定して高い速度で抜けられました。
そのまま、ノーミスで回ることができ、タイムは、
2分21秒607!!

前日の自己ベストを1秒以上も上回る改心のアタックで、
この時点での順位は、5位。
次の周は、2コーナーでギヤが入っていないという
大きなミをしてしまったので、そこでアタックを止め、
その次の周では、途中で他のマシンが入ってしまったので、
さらにその次の周から再びアタックしました。
2分22秒3、2分21秒9、2分21秒9と
立て続けに好タイムをマークしますが、
タイム更新には及ばず、最終ラップで渾身のアタックをしますが
結果は、2分22秒8で、結局2周目に記録した、
2分21秒607が予選タイムとなりました。
結局、他の人たちが後から良いタイムをマークしてきて、
結果は、15番グリッドとなりました。
12番の人が2分21秒576、
13番の人が2分21秒595、
14番の人が2分21秒606と、
ほんの0.03秒の間に4人も集まる形となり、
本当に少しの操作の差で前に行けただけに、
悔しい予選結果です。
決勝では少しでも順位を上げて、フィニッシュできるように
頑張ります。
| 鈴鹿クラブマンレース | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/304010