RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< 2006年3月31日 鈴鹿フルコース 練習走行 | main | SUPER耐久 併催レース 決勝 >>
SUPER耐久 併催レース 予選
2006年5月20日 鈴鹿フルコース

【雨のち曇り 使用マシン:FJ1600】

3月のレースを思い出させるような、
微妙な天気でした。
予選2時間前。ようやく、雨が止み路面が乾き始めました。

前日の練習走行での調子は最悪で、
スピンして、すぐにコースアウトしてしまったので、
まともに走行することが出来ていませんでした。
ここのところ、スピンとコースアウトばかりで、
悪い流れの中で向かえたレースでした。

とにかく、「コースアウトとクラッシュだけはしないように」
そう思って迎えた予選。
午前9時。予選開始です。
まだ、半分くらい濡れているような、
難しいコンディションの中、
スリックのニュータイヤでの予選です。
予選後半になれば、路面が乾き始め、
スリックタイヤの方が有利になると踏んでの
タイヤチョイスです。
所々で、濡れている場所と、
乾いている場所で、まったくグリップ力が変わってしまうので、
濡れた路面に乗った瞬間、突如滑り出すリアタイヤに反応して、
すかさずカウンターを当てます!
そんな中、少しづつ走れるラインを探りながら
アタックしていきます。
徐々に確かめていくようにペースを上げていって、
ラップ2分43秒くらいまで来たところで、
残り3周。
一気にペースを上げてアタックに入っていきます。
ここまで、安全に安全に走ってきていたため、
十分にタイヤが温まってきていませんでした。
この周で温めて、次の周で本当のアタックを
と思っていた矢先、「やばい!」
と思った時には既に遅く、200R出口付近で、
スピンしてしまいました。
幸い、すぐにコースに戻ることが出来たのですが、
芝生を踏んでしまったせいか、
極端にリアタイヤのグリップが下がってしまって、
そこからは、全てのコーナーで、
どオーバーになり、スピンしないように走るのが
やっとでした。
その後、なかなかペースをあげることが出来ず、
S字カーブ辺りから、グリップが回復してきたので、
そこからペースをあげていきますが、
これが最終ラップ。
結局、ベストラップは、2'38.707。
なんと、トップからは、13.499秒も遅いタイムでした。
31台中の、29番グリッドです。

明日の決勝で、一つでも順位を上げて戻ってこられるように、
それだけを考えて、決勝に臨みます・・・。

| FJ1600 レース | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/260410