RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

目指せ!F1ドライバー!

F1レーサーを目指すレーサーのブログ
<< デビュー戦 | main | SUPER耐久 併催レース 予選 >>
2006年3月31日 鈴鹿フルコース 練習走行
2006年3月31日 鈴鹿フルコース

【雨のち晴れ 使用マシン:FJ1600】

今回は、レース後の初走行とあって、
レースでの経験を活かしてタイムアップに期待です。
そんな期待とは裏腹に、なんと雪が降ってきてしまいました。
さすがに雪が降るだけあって、朝から異常な寒さです。

午前一本目。
走ることが恐いと思ってしまうくらいのコンディション。
完全に冷え切った路面に、ウェットコンディション。
走行開始と共に、タイヤ温度を上げるために、プッシュしていきます。
ずるずると全てのコーナーで滑り、気がまったく抜けません。
一週目のダンロップを立ち上がると、いきなりリアが滑り出し、
コーナーとは逆の、壁に向かって!!
雨の中、150KMくらいはでていようかという中、
すかさずカウンター!いきなりのクラッシュ!!?
と思うほどの出来事に、かなり焦りましたが、
何とか立て直します。
その後も、まったくタイヤが温まらず、
ずっと危険な状態が続きました。
最後の方になって、弱アンダー気味にフロントタイヤを滑らせながら
走ることで、安定して速度を上げていけるようになりました。
このセクションのベストは、2分56秒。
直線ですらまったく気を抜くことが出来なかったので、
一気に疲れてしまいました。

40分ほどして、二本目の走行です。
気温が上がって、一本目よりもグリップも上がり、
2週目で、2分48秒。
さらにペースを上げていきます。
1コーナー飛び込みで、リアのスライドに合わせて
ステアリングを戻して・・・戻らない?
一気に滑りすぎて、すぐさま、
大きくカウンターを当てて修正します。
次の周。今度はさっき以上のスピードで1コーナーへ飛び込みます。
リアが流れるのにしたがって、すかさずステアリングを戻します。
が、なぜか戻し遅れてしまいます。
今度も、大きくカウンターを当てて修正していきますが、
今度は、修正しきれず、あえなくスピンしてコースアウト。
どうやらステアリングミッションにがたがあり、重たくなっていたこともあって、
それで思うように修正が効かなかったようでした。
今後のことを考えて、ミッションは交換することに。

午後一本目。
すっかり路面はドライになって、気温も上がってきました。
しばらく周回を重ねるうちに、
徐々にドライのペースを思い出して行きます。
途中から、GTで活躍している菅さんの後について行かせてもらって、
どんどんペースをあげて・・・言っているつもりでしたが、
この走行のベストは、2分28秒。菅さんのベストは、2分20秒。
まったく話になりません。全てのコーナーが遅すぎます。

四本目の走行。
菅さんのアドバイスと、全てのコーナーでもっと行ける。
その確信が武器になって、
序盤からペースをあげることが出来ました。
一度コースオフしてしまって、おいていかれてしまいますが、
菅さんがまっていてくれたので、数週のうちに追いついて、
そこからは、夢中で菅さんについていきます!
全てのコーナーで、三本目よりもペースをあげて、
菅さんの後ろに迫る勢いでどんどん攻めて行きます。
それに伴ってどんどん菅さんもペースをあげていきます。
一気に、2分23秒台へ!
マシンを振り回しながら、さらにペースををあげていきます。
数週後、S字2個目の切り替えしの時に、一瞬切り遅れて、
一気にスピンモードへ!スペードが出ていただけに、
コースに留まることは出来ず、グラベルの真中辺りまで
行ってしまいました。
それでも、ベストは、2分23.3秒。
自己ベストを、5秒も更新することが出来ました。

今回の走行のイメージをよく覚えておいて、
次回は、さらにタイムアップできるように頑張ります!
| 練習走行 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.racer-kojima.net/trackback/233944